平成30年4月1日から信用保証協会付融資制度が変更されています

平成30年4月1日から信用保証協会付融資制度が変更されています。
資金調達に関することなので、再生とは直接の関係はありませんが、
「中小企業の経営の改善発達を促進するための中小企業信用保険法等の一部を改正する法律案」
(平成29年6月に成立、平成30年4月1日より施行)
により変更したものです。

概要はこちら、PDF ダウンロード

きわめて簡単に大事な部分だけ書くと、

1、
小規模事業者の持続的発展を支えるため保証割合100%の特別小口保険の付保限度額
1,250万円→2,000万円にする
(創業関連保証も増枠)

2、
企業の容易な資金調達を促しかねない以前の制度では、金融機関の審査能力、管理がおろそかになる
ため、「保証付き融資」と「プロパー融資」を組み合わせる

という趣旨です。
つまり、2についてはある程度の金額以上のものはちゃんと融資金融機関
にも管理させるというものです。

その分、リスク負担が金融機関側に求められるので
大手銀行は、費用対効果を考慮して中小企業向け融資に消極的になるとも考えられます。

詳しくは中小企業庁サイト

試算表を見るとき注意すべきこと

私に役員になってほしいと以前から言っていた会社が、別の会社を買収するに当たり、株式価値を査定するので
決算書を先方に要求したところ、決算書が送られてきた。

そのときはいろいろな事情から買収をあきらめたが、半年以上経過してまた
同じ話が再燃し、試算表を送るという。

そこで、棚卸しは、決算と同じ最終仕入原価法で試算表の日付けでおこなってくださいと
お願いしておいた。

前期決算書で1億の資産が、試算表では1.6億円になっていて、資産が増えた分
利益も異常なくらいに増えていた。だが、よく見ると
資産の増加した部分は棚卸資産で、なんのことはない、儲かっているのではなく、
合計残高試算表では棚卸しをしていないから、こんな数字がでてきたのだと判明。
だから、棚卸しを試算表の日付けでしてくださいとお願いしたのに
言うことはきいてくれそうにない。

「試算表時点では、受注が多くすごく儲かっていて」と
買収される側の社長が言っていたというが、
じつは、試算表日付けでの棚卸しをしていないだけの話なのだ。

合計残高試算表はある程度まで信頼できるが、利益については
棚卸しがされていないのがほとんどなので、完全に信頼はできない。
中小企業の経営者でも財務に強くなければこの程度の理解なのだ。

融資をするときも試算表で判断するときは、その点が考慮される。

試算表では棚卸しに注意すべきだ。

融通手形を銀行はどのようにみつけ、どう対処するのか

銀行からの新規融資もままならず、資金繰りも困難。こんな状況で月末の支払手形の決済をどうするか
と考える債務者のなかで、まれに融通手形に手を出す経営者がいる。

手形割引も融資のうちなのだが、いくらか一般の融資に比べて与信がゆるい部分があり、
不渡りにでもならないかぎり、期日落込で確実に返済されるからそう考える融資マンもいてあたりまえなのだけれど。

融通手形は商取引にもとづかない手形なので割引はできない。
だが、1回だけだったらわからないだろうと考えて割引するのだが、
銀行サイドとしてもそこはチェックしている。
手形にかかる納品書を持ってきてくださいとか、請求書もお願いしますだのということになる。

基本的に融通手形は2社でやる場合、双方の会社が同じような金額の手形を振出して、期日もそろえるものだ。
銀行も1回だけであればわからないが、これを数回繰返した場合、おかしいと気づき始める。

それがどんなふうにわかり、銀行はどんな対処をしてくるかが下の図に書いたものだ。
融通手形は麻薬と同じで常習になるのがほとんどだ。
絶対にするべきではない。

消費税本則課税、税込経理における利益・税金のさじ加減

中小企業の節税というと、締後売上の10日分の翌期繰越とか、法人保険、
4年物の中古車とかの話がでてくる。
実際、節税の本を読むとそれらが書いてあるが、締後売上については売上も仕入も同等の扱いになるため
現実的ではなく。ほかは実際におカネがでていくものなどで、節税してもおカネが残らないことが多い。

今までいくつもの会社の再生や評価をしてきたが、B/S、P/Lだけではわからないが、
決算書すべて(内訳書、別表)、さらには元帳を見ると
うまく税金対策している会社のカラクリがわかることが多くあった。

たとえば消費税本則課税、税込経理の会社だと
決算期には法人税、地方税の予測と、消費税の予測が必要になり
課税金額と利益を調整するためにはさまざまな要因を考えることになる。

たとえば、労務費は消費税の対象外だが、製品の一部を自社で生産するのでなく
外注に出せば消費税はその分減らせる。
1個500円の材料が1万個あるとして、棚卸し金額はそれだけで500万円だが、
それを期末に400円で100個買えば出費は4万円だが、最終仕入原価法採用なら
その分の棚卸し金額は404万円となり、96万円程度の利益は減らせる。

これが、そのままの金額で利益に反映されないのは
消費税本則課税、税込経理だと、消費税の金額がそのまま
決算書の「販売費及び一般管理費」の中の租税公課などに計上され
損金処理されるから、その後に計算される税引前当期純利益がその金額により
多くなったり少なくなったりするからだ。

本に書かれていたり、ネットで見かける節税対策と違い
じっさいの企業財務を拝見すると面白いやりかたに遭遇することもある。

*くわしくは日本経営合理化協会コラムへ書いて、担当編集者に提出

㈱てるみくらぶに見る粉飾決算について

㈱てるみくらぶ社長らが、虚偽の書類を銀行に提出し融資金約2億円をだまし取ったとして詐欺などの疑いで逮捕されたそうだが、
銀行にいたときに粉飾決算をしている企業などいくつも見てきたが、刑事罰に問われる会社もあれば、
見過ごされずおとがめなしの会社もある。

では、この違いとはいったい何なのかということについて書いてみよう。

㈱てるみくらぶは㈱てるみくらぶホールディングスの100%子会社でHDに対して配当をしていたそうだ。
Wikipedia
によると、、2016年9月期決算においても、売上高117億7300万円、営業損失61億100万円、経常損失61億3000万円、純損失61億5600万円、143億2600万円の債務超過のところを、売上高194億8100万円、営業利益1億1800万円、経常利益8800万円、純利益4800万円、4憶6000万円の資産超過と偽っていたことや、2014年9月期から債務超過に陥っていたことを明らかにした(以上 wikipediaより参照
という状況で銀行から2億円あまりの融資を受けたことで詐欺に問われたらしい。

実際のところ、破産の過程で粉飾決算を公言すれば、相手から証拠を出してきた手前、詐欺で訴訟さざるをえなくなると思う。

詐欺といっても、刑法上の詐欺(1)と破産方上のもの(2)があるが、
破産などで粉飾の事実が明らかになり、それを知りながら債務者が銀行融資を受けていた場合などは
銀行から訴訟を起こされる可能性は高くなる。もっともこの状況でも
銀行側が全額回収していれば話は別だが。

では、粉飾決算をしていても訴訟や詐欺に問われないケースとは
どんな場合かと言うと、
債務者側が粉飾の事実を認めない場合、公言しない場合がある。
銀行も財務データの分析から粉飾の疑いをあぶりだすことはできても、
粉飾と確定することは出来ないのだ。
融通手形も同様だが、事実を債務者が認めないことがあげられる。

そして、法的な枠組みの中での破たん、たとえば破産・民事再生など
をしないことが粉飾の事実を隠すことになる。

世の中には、破たんしても何億円、何十億円の資産をもっている人もいる。
不公平なようだがずる賢い人間は生き残っていくものなのだ。

(1)(詐欺)
刑法第二四六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する
2、前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

第十四章 罰則

(2)
(詐欺破産罪)

第二百六十五条 破産手続開始の前後を問わず、債権者を害する目的で、次の各号のいずれかに該当する行為をした者は、債務者(相続財産の破産にあっては相続財産、信託財産の破産にあっては信託財産。次項において同じ。)について破産手続開始の決定が確定したときは、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。情を知って、第四号に掲げる行為の相手方となった者も、破産手続開始の決定が確定したときは、同様とする。

一 債務者の財産(相続財産の破産にあっては相続財産に属する財産、信託財産の破産にあっては信託財産に属する財産。以下この条において同じ。)を隠匿し、又は損壊する行為

二 債務者の財産の譲渡又は債務の負担を仮装する行為

三 債務者の財産の現状を改変して、その価格を減損する行為

四 債務者の財産を債権者の不利益に処分し、又は債権者に不利益な債務を債務者が負担する行為

2 前項に規定するもののほか、債務者について破産手続開始の決定がされ、又は保全管理命令が発せられたことを認識しながら、債権者を害する目的で、破産管財人の承諾その他の正当な理由がなく、その債務者の財産を取得し、又は第三者に取得させた者も、同項と同様とする。

中小企業が企業買収するとき、のれんが銀行融資に及ぼす影響

中小企業が中小企業を買収することも増えてきた。
買収といっても買収する 企業の 「資産-負債=純資産」の金額  で買収するわけでなく、
純資産の何倍もの価格が提示されるのが当たり前だ。
純資産が1億円だとして、買収提示価格は3億円とか4億円とかになっている。

M&A仲介会社のサマリーや、会計事務所の株式価値算定書を読んでも
そんなふうに価格が提示されている。

しかも、買収提示価格はいったいどんな根拠で示されているのかと思うようなものも多い。

当たり前だが企業を売るほうにしてみれば、なるべく高い価格で売りたいと思うからしょうがないのだが、
こんな財務内容で買う奴がいるかと思うような企業でも、思いのほか高値を要求してくる。

しかも、企業買収は資産も引き継ぐが、負債も引き継ぐのだ。
慎重に検討するにこしたことはない。

そこで、中小企業が中小企業を買収する場合のポイントとして、
のれんが銀行融資に与える影響ということで書いてみたい。

いうまでもなく のれん とは 企業結合に関する会計基準31
に書かれているとおりで、企業の買収価格と純資産の差額のことを意味する。

純資産1億円の企業を4億円で購入すれば3億円がのれんという名目で
資産に計上される。
下記図をご覧いただければ、のれんのイメージはわかると思う。
その次の図でソフトバンクの連結財務諸表の資産部分を掲載しておいたが、
のれんはこのように掲載される。


ソフトバンクのような上場の大企業ならまだしも
中小企業の場合、資金調達が銀行融資だけに限られるため
この のれん を銀行側がどう評価するのかというのは
注意すべき点になると思う。

結論から言うと中小企業が買収した事例の多くでは
こののれんの金額がそのまま資産とみなされることはない。

たとえば、純資産1億円の企業を4億円で買収したとして
「その差額3億円は本当に資産とよべるものですか?」 と銀行融資サイドでは考える。

その差額が将来生む利益を反映してのものだといっても、
「本当にそれに見合うだけの利益ですか?」 を考慮される。

潤沢に手元資金がある企業ならまだしも
それらを考慮して企業買収をするだけの価値があるのかどうか、
中小企業なら塾考したほうがいい。

税や社会保険の滞納で自治体等はどのように差押さえる資産を探すのか?(不動産)

会社、またはその経営者の場合、複数の不動産を持つ例は多い。
会社が所有する不動産の場合、事業に必要な不動産であることがほとんどで詳細は決算書で判明する。
ところが会社経営者個人がどんな不動産を所有しているかはわからない場合がある。

たとえば会社の融資はA銀行のみでおこない、社長の自宅以外の不動産を購入するときはB信用金庫にした場合など
A銀行からすれば、その社長所有不動産はみすごされることになる。
もっとも、個人信用情報を取得したり、その不動産が収益不動産で社長がアパート経営をしている場合などは
個人の確定申告から判明してしまうことになる。

また、銀行でいえば最初に融資を行うときに作る調書の聞き取りの中で個人所有不動産を記載してあり、そこで判明する場合もある。

では、自治体等は税金の滞納による差押不動産を探すときにどんなやりかたをするのか?

一般的には、市町村であれば自治体内部・役所内部でもっている情報から着手する
同じ市内に不動産を複数持っているかは、固定資産税を調べればわかる。
そして不動産登記簿謄本を取得することになる。
このさいに共同担保目録付で謄本を取得する。
下記申請書の赤囲みの部分をチェックするのだ。

同一債権の担保として、複数不動産の上に設定された抵当権(あるいは根抵当権)
のことを共同担保というが、これは担保強化につながる点から
このような共同担保で担保設定されることが一般的なのだ。

そうやって取得した不動産登記簿謄本から銀行には
どの不動産とどの不動産が共同担保になっているかがわかるようになっている。
下記の不動産担保目録のように、同じ住所の土地・建物はもちろんのこと、異なる住所の不動産も
共同担保としてその所在が判明してしまう。

だからといって所有者が同じとはかぎらないが、少なくとも共同担保目録に記載された
不動産登記簿謄本を調べれば、関連でどんな不動産があり、
同一所有者の不動産はどれとどれかなどが、数珠繋ぎに判明することになる。
借入金・リース契約の場合、社長の個人保証が前提となるため
この共同担保目録取得は効果的な隠れ財産のあぶり出し方法になる。

もしも、経営者個人の財産を銀行や自治体、債権者に隠しておきたければ
別会社を作りその会社の所有で不動産をまったく異なる銀行ローンで購入したり、
所有者を妻名義にしたりということになる。

会社が倒産したときに、代表者の個人信用情報照会を取得しない
銀行も多いし、自治体はそれさえ取得できないから、
会社が破たんしてもそうやって個人財産は守られているケースも多いのだ。

税や社会保険の滞納で自治体等はどのように差押さえる資産を探すのか?

まず、税金や社会保険料が納期限までに納付されない場合、国であれ自治体であれ
管轄する役所は督促を行い、交渉し、財産調査を行い差押を行うこととなる。

根拠条文は下記ですが、
増加する税金滞納の状況と徴収担当人員の減少から
督促状が届いて10日後に差押があったなんていう規定どうりの話は聞いた事がない。
市役所などだと、徴収担当者が一人で数百件の滞納案件をかかえ、さらに新規が発生して
財産調査もままならないのが実情だから、督促状、交渉のあいまをみて
財産がどこにあるのかを確認する。

_______

(差押の要件)
国税徴収法第四十七条  
次の各号の一に該当するときは、徴収職員は、滞納者の国税につきその財産を差し押えなければならない。
一  滞納者が督促を受け、その督促に係る国税をその督促状を発した日から起算して十日を経過した日までに完納しないとき。

二  納税者が国税通則法第三十七条第一項 各号(督促)に掲げる国税をその納期限(繰上請求がされた国税については、
当該請求に係る期限)までに完納しないとき。

2  国税の納期限後前項第一号に規定する十日を経過した日までに、督促を受けた滞納者につき国税通則法第三十八条第一項 各号(繰上請求)
の一に該当する事実が生じたときは、徴収職員は、直ちにその財産を差し押えることができる。
参照元条文

(市町村民税に係る滞納処分)
地方税法第三百三十一条  市町村民税に係る滞納者が次の各号の一に該当するときは、市町村の徴税吏員は、当該市町村民税に係る地方団体の徴収金につき、
滞納者の財産を差し押えなければならない。
一  滞納者が督促を受け、その督促状を発した日から起算して十日を経過した日までにその督促に係る市町村民税に係る地方団体の徴収金を完納しないとき。

二  滞納者が繰上徴収に係る告知により指定された納期限までに市町村民税に係る地方団体の徴収金を完納しないとき。
参照元条文
_______

では、具体的に滞納者の財産調査はどのように行われているのか、
書いてみたい。

まず、国税が滞納した場合の滞納者の財産調査は
2001年に国税庁に導入されたKSKシステムによる情報(たれこみされた情報まで管理されている)や
各国税局でもっている情報などかなり膨大な情報が税務署内にすでにあり、本気になれば高い精度で情報が把握されているので、
また、別の機会に書くことにして、
今回は市町村などの自治体の財産調査についてに限定する。

市町村などの自治体が税金滞納者への対応は督促、話し合いがまず第一歩となる。
そして、らちがあかない場合に始めて財産調査、差押と進むことになる。

では、その財産調査において市町村の徴収担当者はどのようなことを行うかだが、
まず、市役所なら市役所内にある情報から手をつけることになる。
それと同時に近隣の銀行支店へ文書で照会書をだし、滞納者の預金の状況を確認することとなる。

つまり、財産調査といっても不動産と預金が中心になることは理解できるだろう。

たとえば、固定資産税が滞納すれば、その不動産があることがわかり、それを即差押することになる。
不動産に銀行の根抵当権が目一杯ついていて借入金がそれと同じくらいあるから
その不動産を売却しても滞納した税金の回収にはまわらない、いわゆる「無益な差押であり、それは禁止されている」と言っても
平成11年7月19日高松高裁判決があるので通用しない(詳細は別ページに記載

さらに徴収担当者は不動産登記簿謄本を取得し、共同担保目録から、それとは別の所有不動産をわりだし、さらに差押えることになる。
一般的に銀行は融資先が担保不足の場合、複数不動産に共同担保を設定するので、共同担保目録を見れば所有不動産が判明するのだ。

差押えた不動産が換価され配当がなくても、滞納者にプレッシャーを与える意味で、あるいは交渉の場につかせ支払をさせる意味で
これは重要になる。

預金調査だが、銀行から回答が来た回答書をもとに狙いをつけていくことになる。
もっとも、滞納者が法人であれば、決算書の預貯金等の内訳書からかんたんにどこに預金があるかわかるので
作業は難しくはない。

そして徴収担当者は、銀行に出向き滞納者の預金の動きをじかに見て
差押日を判断することになる。

徴収担当者が調査をするべき根拠条文は国税徴収法141条、142条にあり
それを根拠にすべきという地方税法の規定によって決められている。

これらの預金で当座預金を差押るときは徴収担当者のレベルによっては
いくつか注意を要している。
支払手形の決済日の手形交換時間後に差押をする銀行支店に徴収担当者が到着しても
預金が決済後なのでもぬけのからになっていることがあるからだ。

また逆に、手形決済資金を差押えることで手形不渡、銀行取引停止処分などになりかねず、
滞納金の回収どころか、その会社をいっきに倒産させることになりかねないからだ。

ここらへんの判断は徴収担当者にとっては難しい。

ちなみに徴収担当者がネットをとうして銀行の預金調査を依頼し、ネットをとうして
回答。差押を行うという銀行もでてきている。

差押をうけても、企業はすぐに死ぬわけではない。
じっさいにそれでも平然と事業を続けている企業もある。
いろいろな回避策もあるがここで書くべきものではないし、
抜本的な解決にはならない。

ただ、彼ら徴収担当者も仕事であり
税金を払うのは国民の義務なのだ。
それゆえに、督促を受ける前にこちらから分納についての相談をしたほうのが得策だと思う。

__________

国税徴収法
(質問及び検査)

第百四十一条  
徴収職員は、滞納処分のため滞納者の財産を調査する必要があるときは、その必要と認められる範囲内において、次に掲げる者に質問し、
又はその者の財産に関する帳簿書類(その作成又は保存に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他の人の知覚によつては
認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)
の作成又は保存がされている場合における当該電磁的記録を含む。第百四十六条の二及び第百八十八条第二号において同じ。)を検査することができる。
一  滞納者

二  滞納者の財産を占有する第三者及びこれを占有していると認めるに足りる相当の理由がある第三者

三  滞納者に対し債権若しくは債務があり、又は滞納者から財産を取得したと認めるに足りる相当の理由がある者

四  滞納者が株主又は出資者である法人

(捜索の権限及び方法)

第百四十二条  徴収職員は、滞納処分のため必要があるときは、滞納者の物又は住居その他の場所につき捜索することができる。

2  徴収職員は、滞納処分のため必要がある場合には、次の各号の一に該当するときに限り、
第三者の物又は住居その他の場所につき捜索することができる。
一  滞納者の財産を所持する第三者がその引渡をしないとき。

二  滞納者の親族その他の特殊関係者が滞納者の財産を所持すると認めるに足りる相当の理由がある場合において、その引渡をしないとき。

3  徴収職員は、前二項の捜索に際し必要があるときは、滞納者若しくは第三者に戸若しくは金庫その他の容器の類を開かせ、
又は自らこれらを開くため必要な処分をすることができる。

参照元条文

_______