仕訳帳、元帳からわかる会社、オーナー社長の現状

金融機関が融資している取引先の決算書に疑いをもったり、
本来の財務内容を知る必要があるとき仕訳帳、元帳を精査することがある。

その会社が架空の経費を計上しているのでなければ、現金の元帳をみれば
どんな理由でどんなふうに資金が不足したのか分かる。
もっとも、架空の経費が計上されている場合は、その数字を考慮して
資金の動きを見る必要がある。

仕訳帳、元帳を見るのはそれだけにとどまらず、さまざまなことがわかるのも事実だ。

企業の再生を頼まれて、始めてみるその会社の決算書だけでは
財務が把握できず、仕訳帳、元帳もいっしょにいただくとその会社の実状がはっきりすることが
きわめて多い。

そこでチェックするのは不自然な取引ということになる。

下記の例の会社の場合、毎月同じ日に同じ仕訳がされていた。
この会社は家族経営で、財務内容が悪化していたのだが、
この仕訳では、9月10日に
〇〇債権回収への返済、
家族への貸付、
オーナー社長からの借入金への返済があったこととなっている。

1回だけならまだしも同様の3件の仕訳が毎月行なわれていたとすれば何だろうと思うのは
当然だと思う。
この資金の流れは必要だから行なわれるものであり、当然そこには切迫した資金の必要性
があるのだと感じた。

そこで推測してみた。

〇〇債権回収への返済は、会社が銀行借入を延滞し期限の利益喪失→債権譲渡されたものの返済。

家族への貸付は、その家族従業員が税金、たぶん固定資産税を滞納し会社がこのような資金の流れで代わりに
納付しているもの、しかもその固定資産は会社が使っている資産。

オーナー社長からの借入金への返済は、やはりオーナー社長が滞納した税金の
支払をこの資金の流れでオーナー社長の収入にせずにおこなっているもの。

この推測を言うと、ずばり的中していた。

じっさい
仕訳帳、元帳からさまざまなことがわかるのだ。