仮払金による利益の水増し

仮払金は、勘定科目、金額が不明の金銭を支払った場合に、それが確定するまで一時的に割り当てられる勘定科目なのですが、流動資産に区分されています。

たとえば、現状赤字だがどうしても黒字決算にしたい場合、買掛金で仕入れた商品の代金200万円を支払ってしまい、金額が確定できないという理由で勘定科目は仮払金にして、さらに仕入れた商品を在庫に計上すれば、流動資産に仮払金200万円、それに該当する棚卸200万円が計上され、架空の利益が作られてしまいます。

粉飾決算は一般的に、棚卸の水増し、架空売上によることがポピュラーですが、このような勘定科目を使って、利益の水増しをすることもできてしまうのです。