事業を再生できるかどうか?
を簡単に考えると、その会社がどのステージにあるのか?
でおおよその可能性がわかります。

一般的に、支払いのめどがたたなくなるとか
資金不足になる。返済が出来なくなるなどによって
企業は破たんし、
銀行などの債権者から「期限の利益喪失」の通知が来る
そして倒産する。

という 3つの出来事を通過して最悪の事態に突入します。

とはいっても「期限の利益喪失」前 であれば
銀行は新規融資をだして助けてくれるかもしれませんし、
受取手形の不渡り2回による連鎖倒産の可能性であれば
期限の利益喪失していなければ、倒産防止共済による救済ができるかもしれません。

前記3つのステージと
その企業のおかれている収益の状況を示したものがこれです。

現状を把握する意味ではこれが役に立ちます。

倒産に至るまでのステージ推移