[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

銀行からの新規融資もままならず、資金繰りも困難。こんな状況で月末の支払手形の決済をどうするか
と考える債務者のなかで、まれに融通手形に手を出す経営者がいる。

手形割引も融資のうちなのだが、いくらか一般の融資に比べて与信がゆるい部分があり、
不渡りにでもならないかぎり、期日落込で確実に返済されるからそう考える融資マンもいてあたりまえなのだけれど。

融通手形は商取引にもとづかない手形なので割引はできない。
だが、1回だけだったらわからないだろうと考えて割引するのだが、
銀行サイドとしてもそこはチェックしている。
手形にかかる納品書を持ってきてくださいとか、請求書もお願いしますだのということになる。

基本的に融通手形は2社でやる場合、双方の会社が同じような金額の手形を振出して、期日もそろえるものだ。
銀行も1回だけであればわからないが、これを数回繰返した場合、おかしいと気づき始める。

それがどんなふうにわかり、銀行はどんな対処をしてくるかが下の図に書いたものだ。
融通手形は麻薬と同じで常習になるのがほとんどだ。
絶対にするべきではない。