税や社会保険の滞納で自治体等はどのように差押さえる資産を探すのか?(不動産)

会社、またはその経営者の場合、複数の不動産を持つ例は多い。 会社が所有する不動産の場合、事業に必要な不動産であることがほとんどで詳細は決算書で判明する。 ところが会社経営者個人がどんな不動産を所有しているかはわからない場 […]

税や社会保険の滞納で自治体等はどのように差押さえる資産を探すのか?

まず、税金や社会保険料が納期限までに納付されない場合、国であれ自治体であれ 管轄する役所は督促を行い、交渉し、財産調査を行い差押を行うこととなる。 根拠条文は下記ですが、 増加する税金滞納の状況と徴収担当人員の減少から […]

余力のない不動産と、地方税滞納による自治体の差押の実際

あきらかに余力のない不動産を差押えることは、建前上は禁止されている。 これは「無益な差押えの禁止」と言われ 国税徴収法第48条第2項に規定がある。  (参照:国税庁 第48条関係 超過差押え及び無益な差押えの禁止) とこ […]

他社の滞納した税を払わせられる「第二次納税義務」の改正

28年度税制改正で、事業譲渡した特殊関係者の納税義務について 改正があったので、企業再生に関係があり、記載しておこうと思う。 この納税義務は「第二次納税義務」と言われ国税徴収法38条が根拠条文となるが、 問題点は38条の […]

社長が突然死した場合、会社はどうなるのか?

社長が突然死亡した場合に 銀行、信金などの金融機関からの借入れが残っていた場合、 その債務はどうなるのだろうか? 子供などの相続人が相続して、その会社の新社長になる場合。 跡継ぎがいなくて従業員がその会社の社長になる場合 […]

時価余力のある担保不動産の余力は自社の資産として守れるのか?

時価余力のある担保不動産の余力は自社の資産として守れるのか? とおおざっぱな質問がけっこうされる。 資産より借入金残高のほうが多い場合 この質問は切実な債務者の悩みとなる。 具体的に言うとこんなケースだ。 ↓ 時価8,0 […]

返済が遅れても利息と元金を遅ればせながら返済していけば、なんとかなると思っている債務者に一言

返済が遅れても利息と元金を遅ればせながら返済していけばなんとかなると思っている債務者は多い。 銀行取引をするときに取り交わす約定書や借入証書の条項を 読んでいない方がほとんどなのだからしょうがない。 多少の延滞ならいざ知 […]