返済が遅れて期限の利益喪失後、返済の約束を文書で取り交わしても救ってはくれない

信用保証協会つきで融資を受けていた会社が、毎月の返済ができなくなり、 3回延滞となって、信用保証協会に代位弁済された。 その後、事業はなんとか継続することができるようになって、 信用保証協会に毎月返済を始めた。 そこで、 […]

社長が突然死した場合、会社はどうなるのか?

社長が突然死亡した場合に 銀行、信金などの金融機関からの借入れが残っていた場合、 その債務はどうなるのだろうか? 子供などの相続人が相続して、その会社の新社長になる場合。 跡継ぎがいなくて従業員がその会社の社長になる場合 […]

バランスシートの「資産」が原因で倒産する会社は多い

『バランスシートの「資産」が原因で倒産する会社は多い』 などと書くと誤解を受けやすいが、 じつは 倒産の多くがこの「資産」に起因している。 たとえば、バランスシート(貸借対照表)の左側 いわゆる、資産の部分が大きく減って […]

破たん状態で、民事再生、破産などの法的手続を安易に出口として選ぶと・・・。

破たん状態なら民事再生、破産などの法的手続を選ぶということもいいかもしれない。 だけど、 その前に自社の状況を診断してもらったほうがいい。 病気で病院にいっても一応の検査・診断の後に 薬をくれるはずだ。 「資金繰りが苦し […]

信用保証協会付融資の代位弁済、これからどうなる? -担保がある場合-

信用保証協会付融資で借り入れをしていて 返済が延滞し続けた場合、 信用保証協会が直接に所有不動産に根抵当権をつけている場合や 借りている銀行が担保をつけている場合、 その不動産はどうなるのか? そのフローを書いてみます。 […]

信用保証協会付融資の代位弁済、これからどうなる? -無担保の場合-

信用保証協会付融資で借り入れをしていて 返済が延滞し続けると、 まず督促があり、次に内容証明郵便が届きます。 そこには「銀行取引約定書x条にもとずき期限の利益を喪失します」 と書かれています。 この内容証明郵便がきたら、 […]