税や社会保険の滞納で自治体等はどのように差押さえる資産を探すのか?(不動産)

会社、またはその経営者の場合、複数の不動産を持つ例は多い。 会社が所有する不動産の場合、事業に必要な不動産であることがほとんどで詳細は決算書で判明する。 ところが会社経営者個人がどんな不動産を所有しているかはわからない場 […]

税や社会保険の滞納で自治体等はどのように差押さえる資産を探すのか?

まず、税金や社会保険料が納期限までに納付されない場合、国であれ自治体であれ 管轄する役所は督促を行い、交渉し、財産調査を行い差押を行うこととなる。 根拠条文は下記ですが、 増加する税金滞納の状況と徴収担当人員の減少から […]

余力のない不動産と、地方税滞納による自治体の差押の実際

あきらかに余力のない不動産を差押えることは、建前上は禁止されている。 これは「無益な差押えの禁止」と言われ 国税徴収法第48条第2項に規定がある。  (参照:国税庁 第48条関係 超過差押え及び無益な差押えの禁止) とこ […]

地方税滞納で無剰余不動産に差押がついた場合、差押解除はできるのか?

「地方税滞納で無剰余不動産に差押がついた場合、差押解除はできるのか?」というタイトルで 書き始めたが、結論から言ってしまおう。 「できないと思ってください」・・・これが結論だ。 無剰余不動産 とは下記の例のような不動産で […]